二十世紀論 (文春新書)福田和也 文藝春秋 2013/02/01

二十世紀論 (文春新書) - はてなキーワード

from 江藤淳という人 福田和也 新潮社 2000/06 - いもづる読書日記

to 奇妙な廃墟―フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール (ちくま学芸文庫) - はてなキーワード

 

 福田和也二冊目。「奇妙な廃墟」も買ってあるのだが後回しになっている。本書は「これから生きていかなければならない二十一世紀について考えるためにはまず、私が生きてきた四十年を含む二十世紀が果たしてどのような世紀であったか考える必要がある」(5ページ)という問題意識で書かれた。前書きで二十一世紀の世紀の変わり目は2008年のリーマンショックであったとされるが、二十世紀のそれは第一次大戦であったとの結論だろう。筆者は1960年生まれで私より一つ年長なのだが、感覚はずいぶんと古くさい。本書に著されるサルトル像はたしかに「戦争の二十世紀」の遺物として相応しい。しかし、サルトルが同世代人であるレヴィ・ストロースに批判されたことが時代の画期であり、欧米中心史観が思想的に瓦解する端緒であったことを知っている私たちには、本書は歴史映画のように(あるいはそのパロディのように)空虚だと思う。

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 先崎学 文藝春秋 2018/07/13

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 - はてなキーワード

 私は以前より先崎学九段のファンである。将棋の内容はわからないが彼の書いたものの愛好者で「先崎学の浮いたり沈んだり」シリーズはだいたい読んでいると思う。昨年夏、氏が休場を発表した際、不思議に思ったし心配していた。なので、本書は待ち望んでいたものだった。うつ病患者が自ら書いた闘病記はめずらしいと思う。入院にいたるまでの記述は生々しく恐ろしい。「正確にいうと、電車に乗るのが怖いのではなく、ホームに立つのが怖かったのだ。なにせ毎日何十回も電車に飛び込むイメージが頭の中を駆け巡っているのである。(中略)今でもあの吸い込まれそうな感覚は、まざまざと思い出すことができる。それは、生理的にごく自然に出た感情だった。健康な人間は生きるために最善を選ぶが、うつ病の人間は時として、死ぬために瞬間的に最善を選ぶ。」(13ページ)私も自分がうつ気味かと思っていた部分があったのだが、著者の見た地獄は私の想像をはるかに超えたものだったと思う。
 そこから徐々に快復されるのだが、考えることを職業とされる方なので、その能力(脳力?)の低下と回復が、あたかも定量的にとらえられ興味深い。投薬については睡眠導入薬のみ述べられているが、副作用云々の話もないので抗うつ剤は使われなかったのか、何かの差し障りがあって書かれなかったのか。「将棋は、弱者、マイノリティのためにあるゲームだと信じて生きてきた。国籍、性別、肉体的なことから一切公平なゲーム、それが将棋だ。(中略)うつ病になったのをまわりに隠さず、病院にも皆に来てもらったのは、こうした私の思想的バックボーンがあったからだ。そしてこの本を書く有力な動機にもなった。」(184ページ)これからも元気で頑張ってください。

丹羽宇一郎 戦争の大問題 丹羽宇一郎 東洋経済新報社 2017/08/04

丹羽宇一郎 戦争の大問題 - はてなキーワード

 

from 日本海軍はなぜ滅び、海上自衛隊はなぜ蘇ったのか 是本信義 幻冬舎 2005/10 - いもづる読書日記

永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」 (文春新書) 早坂隆 文藝春秋 2015/06/19 - いもづる読書日記

 

 伊藤忠商事社長会長から民間出身初の中国大使を務めた著者の戦争論、安全保障論。戦争が経済活動の観点からも不合理であることが述べられる。本書の前半では、1939年生の著者が、第二次大戦経験の風化と社会の右傾化への危機感から、戦中派の方達への取材を経て、戦争を行うことの愚かさを語っている。石橋湛山の言葉が印象的だ。「要は我に資本ありや否やである。もしその資本がないならば、いかに世界が経済的に自由であっても、またいかなる広大なる領土を我が有していても、我は、そこに事業を起こせない。」(134ページ)とし、小日本主義を主張したそうである。また、真の安全保障政策は政治と外交であり、決して軍事を意味しない。最も重要な抑止力は政治家の質であると述べている。だからこそ旧陸軍皇道派のような輩の跋扈をゆるしてはいけないのだが。

熊取六人組――反原発を貫く研究者たち 細見周 岩波書店 2013/03/16

熊取六人組――反原発を貫く研究者たち - はてなキーワード

 

 大阪府熊取町にある京都大学原子炉実験所(現複合原子力科学研究所)で研究に携わりながら、専門家の立場から原子力発電の危険性を喚起してきたいわゆる「熊取六人組」の記録。科学者というのはある意味まもられていなければ能力を発揮できない。例えば専門雑誌にアクセスできなければ正しい情報を得ることもできなければ、思考も進まない。六人組は出世をあきらめ?原発反対の立場を貫いたが、在野の活動家とはその立場は自ずと異なる。放射能はその問題の特殊性から、信頼できる2次情報源と冷静な議論が必要だが、そうしたプラットフォームの形成が必須であるが、反原発というタームで広瀬隆なんかと一緒にされてもこまるんだろうな。足尾鉱毒事件は「押出」という直接行動と田中正造というアイコンを得て歴史的事件となった。大きなうねりは人間の作為で作られるものではないのか?

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち J.D.ヴァンス 光文社 2017/03/15

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち - はてなキーワード

 

 ケンタッキーのヒルビリー(田舎者)だった祖父母を持ち、自らはオハイオのラストベルトで育った著者のメモワール。著者はここから脱出し、海兵隊に4年間従軍したのち、オハイオ州立大学、イェール大学のロースクールと出世し、現在は弁護士、投資会社社長。
 アパラチアと聞いて唯一思い出すのはカーター・ファミリーだ。なんとなくユートピア的なコミュニティを想像してしまうが、著者のケンタッキーの親戚たちはたいそうあくの強い開拓者の末裔だ。著者の祖父母はそこから脱出してオハイオで定職を得るが、"ヒルビリー"の彼らはなかなか地域社会に同化できない。また、家庭内暴力は遺伝病のように受け継がれ、特に著者の母親に悲劇的に現れてしまう。子供時代へのノスタルジアを基調とした湿り気のある文章は、やがて様々な矛盾を描き出す。本書はトランプブームの裏にあるラストベルトの白人労働者の複雑な感情を読み解くものとして関心を集めたらしいが、むしろ力点はヒルビリーにあり、オハイオ住民を代表するものとは言えないだろう。
 アメリカ人という特異な人々の実像はなかなか伝わってこない。アメリカの田舎には公正で誇り高い市民がいてそれがアメリカ社会の基盤をなしていると思うが、それがなぜここまでストレスの強い、未来の見えない社会を作ってしまうのかわからない。本書はとっかかりのひとつになるかもしれない。著者は自己抑制のたりないエスニシティに原因をもとめているようにも捉えられるが、どうなんだろう?民主党支持だった著者の祖父は一度だけ共和党の候補者、ロナルド・レーガンに投票したそうだ。「レーガンがそんなに好きだったわけじゃない。モンデールの野郎が大嫌いだったんだ。」(85ページ)。北部のとりつくろった人間に対する不信感。現在の著者はどちら側にいるのか(笑)。

 

一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教 (集英社新書) 内田樹, 中田考 集英社 2014/02/14

一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教 (集英社新書) - はてなキーワード

from 書物としての新約聖書 - はてなキーワード

 ユダヤ教に造詣の深い内田樹イスラーム学者にしてムスリム中田考氏の対談。2014年刊ということでシリア情勢など時事的な部分はやや古くなっている。ムスリムの行動様式やその背景を理解するには有用だが、カリフ制の復活といわれると困ってしまう。
 「ユダヤ教が自分たちはモーセの律法と考えているモーセ五書を重んじ、律法こそが、神が人類に下したメッセージであり従うべき生きる指針である、と考えていること自体は、イスラーム教徒の『クルアーン』に対する態度と似ています。(中略)キリスト教は、イエスその人が神の人類に対するメッセージ、神の言葉だと考えます。聖書は神の言葉というよりも神の言葉であるイエスに対する教会の証言でしかありません。だからキリスト教はイエスの伝記である福音書ギリシャ語で書き、オリジナルのアラム語のイエスの言葉を保存することにまったく興味を示さなかった」(74ページ)「またキリスト教ユダヤ戦争後。ギリシャ語を話すヘレニストが支配的になり、西方教会ラテン語公用語とすることにより、ヨーロッパ化していくことになると、この『ヨーロッパ化したユダヤ教』は、同じセム語族ヘブライ語アラビア語聖典を有するイスラームユダヤ教とは一線を画すようになります。」(75ページ)ふむ。うろ覚えだが、「書物としての新約聖書」には新約聖書成立時の地中海世界の公益民ではギリシア語が事実上の共通語で、キリスト教はまず彼らから浸透していったと書かれていたような気がする。言語が思想を規定する好例といえるだろうか?

殉教 日本人は何を信仰したか? (光文社新書) 山本博文 光文社 2014/07/04

殉教?日本人は何を信仰したか? (光文社新書) - はてなキーワード

 

 長崎市日本二十六聖人記念館という施設がある。船越保武の彫刻で有名なこの施設は1597年に殉教したキリシタンを記念するものである。この殉教者は1862年バチカンによって聖人と認定され、キリスト教徒にとっては悲劇的な事件として認識されているのだろう。この施設の訪問者も外国人が多いように思った。本書は次のような言葉で始まる。「現在の日本人の殉教のイメージを決定づけたのは、遠藤周作氏(1923-96)の名著『沈黙』であると言っても過言ではないだろう。キリスト教徒だった遠藤氏の殉教感は、日本に来て棄教した宣教師を主人公に据え、殉教者を救うことができない『神の無力』ということを強調しているため、カトリック教会からは異端の目で見られたが、現代の日本人には理解しやすいものだった。」(20ページ)そして、最終的には「最後に、遠藤氏の描くロドリゴがはたして実在する人物たりえているのかという点についても付け加えておこう。宣教師にとって殉教は望ましいものであり、それは信者が殉教するのを見ても同様だった。(中略)信者や子供が殉教によって死ぬことを嘆くという発想は、宣教師であるロドリゴにあるはずはなかった。現代人である遠藤氏の描くロドリゴの発想は現代的であり、17世紀に生きた宣教師ではありえなかったと思う。」(251ページ)と結論づけられる。では、実際の日本殉教がどのようなものだったかというと「本書を構想したとき、筆者は、殉教に日本人の意志の強さや武士的エートスがが読み取れると思った。この考えは今でも間違っていないと思うが、史料を読み込むにつれて、日本人民衆の聖遺物信仰や殉教者に対する態度の変化が重要な論点として浮かび上がってきた。また、殉教者時代のヨーロッパの宣教師には、高潔さ、信仰の強さ、そして日本人の武士的エートス以上に強い意志力があったことも強調しておきたい。」(250ページ)
 連想したのはおかげ参りのような大衆的熱狂である。また、その一因として阿部謹也が「ハーメルンの笛吹き」で述べたような(少年十字軍)中世社会の持っていた強いストレスが考えられるかもしれない。日本殉教はヨーロッパ人にとっては遠い異国の話であったし、日本人にとってはコミュニティー外の特殊な人々のお話だった。これに現代的な意味づけを行い、生き生きとした人間像を与えているのは現代のキリスト教徒でありヒューマニズムだ、ということになるだろうか?随分、手前勝手な偶像化だが、それが宗教というものだろうか?