アンソロジー 餃子 菊谷匡祐, 黒鉄ヒロシ, 小泉武夫, 小菅桂子, 小林カツ代, 今柊二, 鷺沢萠, 椎名誠, 東海林さだお, 南條竹則, 難波淳, 野中柊, 浜井幸子, 林家正蔵, パラダイス山元, 平松洋子, 藤原正彦, 古川緑波, 南伸坊, 村瀬秀信, 室井佑月, 山口文憲, 山本一力, 四方田犬彦, 渡辺祥子, 渡辺満里奈 パルコ 2016/04/28

アンソロジー 餃子 - はてなキーワード

from

中国現代文学珠玉選 小説〈3〉女性作家選集 丸山昇, 白水紀子 二玄社 - 単行本 - 2001/03/01 - いもづる読書日記

タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書) - はてなキーワード

 

 北京で投宿していたのがオリンピック公園にほど近いホテルで、市中からは距離があった。仕事はアゴアシ付きだったので、宿から出ないですますことも可能だった。漢字が読めるということは、こと私にとってはアドバンテージではなく、例えば「東直門」に行くにも字面で認識したものだから、トンジーメンという読みを覚える努力を怠り、切符も買えないという体たらくだった。
 史家胡同博物館のあと、王府井に出てみた。近代的なデパートの中の餃子店に入り、身振り手振りで注文した羊肉と香菜の水餃子がいたく美味しく、私は初めて北京に来たことを実感した。今や日本の食文化に定着した餃子も、かつては大陸での記憶を呼び起こすものだった。「二〇世紀が間もなく終わる。餃を前にして大陸への想いを甦えらせる者たちは少なくなった。(中略)一九世紀末の日清戦役からほぼ半世紀、旧満州遼寧省を中心に侵略と入植を重ねていった日本列島の人間たちが、彼我に多くの生命を奪い失ない、生活と財産を破壊し破壊されて得たものとして、今日、巷に溢れるギョーザ以外眼にふれる存在はない。」(173ページ、甲斐大策)戦前の日本人の一部に、広大な大陸への憧れがあったのは間違いない。尊敬するにせよ軽んじるにせよ、彼らは中国人とともに一時を過ごした。勇躍島国を飛び出した者たちの蹉跌と癒しの象徴として餃子が残った。本書にも登場するタモリの父君が大陸還りであったことが、「タモリと戦後ニッポン」のモチーフの一つだったが、餃子にからみついたこの奇妙なノスタルジアは、現代中国を体験することによってアップデートすることが可能なのではないだろうか。それとも、彼らの憧れた「大陸」はもう存在しないのか。
 というわけで、パクチーを買いもとめて、北京の味の再現を試みているのだが、未だ満足な結果は得られていない。

ルポ 中国「潜入バイト」日記 (小学館新書) 西谷格 小学館 2018/03/29

ルポ 中国「潜入バイト」日記 (小学館新書) - はてなキーワード

FROM

和僑 農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本人 (角川文庫) - はてなキーワード

とりあえず、目次を紹介する。

上海の寿司屋でバイトしてみた
反日ドラマに日本兵役で出演してみた
パクリ遊園地で七人の小人と踊ってみた
婚活パーティで中国人女性とお見合いしてみた
高級ホストクラブで富豪を接客してみた
爆買いツアーのガイドをやってみた
学生寮の管理人として働いてみた

著者はいくつかのアルバイトを通じて中国を体験したわけだ。確かに一面的だし、突っ込みが足りないとは思う。ただこの凡庸さが好ましくは感じる。「和僑、農民、やくざ、風俗嬢」のようなセンセーショナリズムばかりが中国ではないだろう。

昨年、王兵監督「苦い銭」という映画を見た。

苦い銭 - 作品情報・映画レビュー -KINENOTE(キネノート)

浙江省湖州の縫製工場で働く出稼ぎ労働者のドキュメンタリーだ。ある意味、ユニクロの快進撃の裏にこういう現実があるのかと考えさせられた。故宮には大勢の中国人団体客が居のだが、日焼けした顔の彼らはこうした地方在住者だろうと想像された。貧富の差という言葉では表現しきれない絶望と、そこでサバイブするタフさが中国非都市部のエネルギーの源かもしれない。

 

丹羽宇一郎 習近平の大問題: 不毛な議論は終わった。丹羽宇一郎 東洋経済新報社 2018/12/14

丹羽宇一郎 習近平の大問題: 不毛な議論は終わった。 - はてなキーワード

FROM

丹羽宇一郎 戦争の大問題 丹羽宇一郎 東洋経済新報社 2017/08/04 - いもづる読書日記

アジアの中の日本―司馬遼太郎対話選集〈9〉 (文春文庫) 司馬遼太郎 文藝春秋 2006/11/01 - いもづる読書日記

TO

習近平はいったい何を考えているのか 新・中国の大問題 (PHP新書) - はてなキーワード

丹羽宇一郎 戦争の大問題」のシリーズ。中国大使だった著者の経験を踏まえた習近平論、中国論。豊富なデータを引用して説得力のある本だとは思うが、主張は非常に穏当で平明。習近平が最も力を入れているのが反腐敗運動であり(59ページ)、これを貫徹するために自らの任期も終身とした(45ページ)、これを可能にしたのは強い国民からの支持である(39ページ)。AIIBや一帯一路は膨張主義ではなく経済発展による世界平和の実現(136ページ)。我々にとって中国は明らかに異質で、情報が限られているがゆえ脅威に感じられるのは自然なことではないかと思う。しかし、今回初めて中国に行って感じたことも多かったので、ましてや大使であった著者の主張は耳を傾けるべきなのであろう。
「アジアの中の日本」にもあったように、中国はかつて世界帝国であった。自らの論理で周辺世界を支配する経験を持った国だ。「中国は自らの普遍性を持っていたから近代化に時間がかかった」わけだが、今も自らの普遍性を創造して巨大国家を運営しようとしていると思われる。世界標準と同じか違うかなどど考えない。隣の顔色など見ないのだ。中国の内向きの情報統制はすさまじく、ネット時代のヘゲモニーを取ろうとしているという観測は外れていないだろう。著者は「日本人には、中国人のことがわかる。少なくともアメリカ人よりはわかるはずだ」(144ページ)と書くが、果たしてそうだろうか。我々の知っている中国的な知性は国民党の敗北とともに消え去ったのではないのか?今の荒々しい中国は何者なのか?上記したIT戦略を我々は理解できるだろうか?
こんな妄想をしている。中国には十倍の人口がある。全ての国に一定の割合で優秀な人材があり(石原慎太郎はそう考えないだろうが)、十分な教育が与えられるとして、中国は日本の十倍の人材がいる。彼らはその才能に見合った待遇が得られず、強いモーチベーションで自己実現を目指している。これは米国の理科系の学界を見れば容易に予想される。ここからは想像だが、その優秀な人材の中核には、日本のスケールでは見られないさらに優秀な層がいるのかもしれない。十倍優秀かはわからないが。これが人口十倍のスケールメリットだ。本当に日本人に中国人が理解できるのだろうか?

 

上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白 小田嶋隆 ミシマ社 2018/02/26

上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白 - はてなキーワード

FROM

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 先崎学 文藝春秋 2018/07/13 - いもづる読書日記

薬物とセックス (新潮新書) 溝口敦 新潮社 2016/12/15 - いもづる読書日記

TO

危ない薬 - はてなキーワード

著者の日経ビジネスのコラムを毎回楽しみにしている。その人物がアルコール中毒であったことは本書で初めて知った。この本では著者のアル中と禁酒の経緯が語られるわけだが、「依存『物質』があるのではなく、依存『体質』がある」(52ページ)、「『私は酔っ払いです』というポジションの楽さというのは、周囲から『あのヒトは酒入っちゃうとアレなヒトだから』という扱いになっていることの心地よさです。」(135ページ)等々の鋭い箴言が散りばめられる。酒をやめるということは「アルコールなしの別の人生を(中略)アタマで考える計画的な行動として企画立案する」(169ページ)ととらえらるが、「私の人生に四つの部屋がある。とすると、二部屋くらいは酒の置いてある部屋だったわけで、そこに入らないことにした。」(133ページ)ような独特の寂しさを感じてもいる。もしかすると、ピエール瀧さんはクスリを止められるヒトなんじゃないかと思った。では私は?

中国現代文学珠玉選 小説〈3〉女性作家選集 丸山昇, 白水紀子 二玄社 - 単行本 - 2001/03/01

中国現代文学珠玉選 小説〈3〉 - はてなキーワード

TO

中国現代文学珠玉選 小説〈1〉 - はてなキーワード

中国現代文学珠玉選 小説〈2〉 - はてなキーワード

北京に行く機会があって、史家胡同博物館ということろに行ってきた。ここは凌叔華(Ling Shuhua)という作家が住んでいたところがそうで、ヴァージニア・ウルフと交流があったというこの作家に興味を持ち、帰国後に翻訳を探してみたけどほとんどない。唯一入手できたこれを読んでみた次第。本書は16人の女性作家の短編が編まれたアンソロジー。1900~1920年生の方たちなので、抗日戦争、内戦、革命という激動の時代を生きた方々である。ここで繰り返し描かれるのは旧弊な封建社会で自由にならない近代女性の苦悩である。その中で凌叔華の「慶事」は家に父親の新しい妾がやって来るという出来事を、子供の視点からノスタルジックに描いていて、独特の味わいがあった。魯迅はこの作家を「旧家庭の淑やかな女性をひかえめにほどよく描いた」と評価していたとのことである(145ページ)。このアンソロジーの1と2も読んでみたいと思った。あとは国立国会図書館に「花の寺」があるらしいが、旧かな漢字はすらすら読むというわけには行かないなあ。

 (追記)某大学図書館のおかげで国会図書館がデジタル化した「花の寺」を読んでいる。意外に旧かなも読めるものだ。昭和15年に日本で出版された本を時間を超えて読んでいると思うと味わい深い。

そろそろ、人工知能の真実を話そう ジャン=ガブリエルガナシア 早川書房 2017/05/26

そろそろ、人工知能の真実を話そう - はてなキーワード

from

AI vs. 教科書が読めない子どもたち 新井紀子 東洋経済新報社 2018/02/02 - いもづる読書日記

 ホーキング、イーロン・マスクビル・ゲイツ、トーマス・クーンといったこのテーマに相応しい人々とともに、ボードレールバシュラール、シュペングラー、マキャベリエリアーデニーチェといった面々が、(その他の聞いたこともない方々とともに)引用される。著者はシンギュラリティを巡る「言説」に着目し、鋭い批判を加える。

 グノーシス主義古代オリエントに存在した神秘思想であり、キリスト教は自らの内部のグノーシス的要素を否定することでアイデンティティを確立した。著者はこのグノーシス主義一神教の関係が、シンギュラリティと現代科学の関係を理解するのに役立つと考える。グノーシスの特徴を以下の四点に要約している。「第一に、不完全な世界の元凶である偽りの神とそれに支配力を奪われた真の神の対立、第二に、ロゴス(論理)よりミトス(物語)を重視すること、第三に、精神と物質を完全に分けて考える二元論、そして最後に、やがて大変動が訪れ、時間の断絶を経て真の神の世界が到来するとしていることである。」(87ページ)これらとシンギュラリティ派の思想的特徴の類似性を指摘した上で、次のように述べる「ここで恐ろしいのはシンギュラリティの描くシナリオ自体ではなく、ジャンルが混ざり合い、それぞれの境界が侵されてしまっていることだ。高名な科学者や大企業のトップ、著名な技術者といった人々が、自分の影響力を利用して、通俗的な空想物語を人々に信じこませようとしているのだ。誤解のないように言っておくが、科学者が人々を楽しませるためや、知識を伝えるために空想の物語を作る権利を、誰も取りあげることはできない。しかし、それがフィクションであるか、科学的な方法に基づいた主張であるかは厳密に区別する必要がある。」(131ページ)極めて鋭く、説得力のある論考である。

沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 佐野眞一 集英社インターナショナル 2008/09/26

沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 - はてなキーワード

FROM

唐牛伝 敗者の戦後漂流 佐野眞一 小学館 2016/07/27 - いもづる読書日記

TO

沖縄戦いまだ終わらず (集英社文庫) - はてなキーワード

沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち - はてなキーワード

 沖縄の裏面史を描いた怪著。戦争、基地、暴力、犯罪、売春等々おどろおどろしいテーマが並ぶ、縁日の芝居小屋のような世界が展開する。沖縄が一つの装置として働いてきた奇妙な歴史が垣間見えてくる。
 興味深かったのは、占領下の1958年に米軍の軍票(B円)がドルに切り替えられた経緯を述べた下記の記述。「もう一つ重要なポイントは、ドル通貨に切り替えると同時に、沖縄の貿易を完全に自由化したことです。(中略)日本国内ではまだ高嶺の花だったジョニ赤なんか、一ドルで飲める。つまり沖縄は、本土より十年も早く消費生活に突入したんです。」(433ページ)これが沖縄に、県民所得が日本最低であるにもかかわらず、”豊かさ”が感じられる理由であろうと述べる。人間の欲を主軸にした沖縄経済のダイナミズムが、この島を欠くべからざる装置にしている原動力であろう。
 一方、エンターテイメントを扱った「踊る琉球、歌う沖縄」の章は物足りなかった。喜納昌吉竹中労の評価がやや控えめなのは、沖縄人の視点を大切にしたが故か?「ハイサイおじさん」ショックは内地のポピュラー音楽のありかたを変えたといってもいい。久保田真琴細野晴臣中川敬へのインタビューがあってしかるべきだったと思う。人間を語るな、音楽を語れ、と思います。
 昨年、初めて訪沖した際、牧志公設市場のリニューアルについて聞かされた。消えゆく猥雑な沖縄の残滓に触れることが出来て良かったか。しかし矛盾は矛盾として厳然と存在する。